自己肯定感を高めて人生を前向きに!
最先端の心理療法であなたをサポート

感情にフタをしてしまう本当の理由

感情を扱う

LINEで送る
Pocket

【vol.1237】

 

こんにちは!

 

カウンセリングオフィス

プログレスむかいゆかです。

 

 

 

昨日、

 

 

「感情は

 感じられた方が

 “絶対に”イイよ‼️」

 

 

という

内容の記事を

アップしました。

⬇︎⬇︎⬇︎

 

 

 

 

 

詳細については

是非とも⬆︎の記事を

ジックリと読んで

いただきたいのですが

 

 

ザックリ

その記事の内容を

まとめると

 

 

自分らしく

ノビノビ&イキイキと

生きていくためには

 

 

自分自身の

感情に寄り添って

 

 

それを他者に

伝えていくことが

できるようになる

必要があるよ‼️

 

 

ということ

だったのですが

 

 

私たちの

多くは

 

 

自分自身の

感情にフタ

をして生きていて

 

 

それが

さまざまな

問題や悩み、

生きづらさを

生んでいる

 

 

…というのが

現実です。

 

 

 

 

 

では

なぜ

私たちは

 

 

自分の感情に

フタをするように

なってしまうの

でしょうか?

 

 

 

 

 

私たち人間は

他者の助けが

なければ

 

 

生きていけない

生き物です。

 

 

 

特に

幼少期は

 

 

養育者

(保護者)からの

サポート

なくしては

 

 

生きていくことは

できません。

 

 

 

 

 

ですから

赤ちゃんの

ときから

 

 

子どもたちは

養育者(保護者)

の反応に

とても敏感です。

 

 

 

子どもの

感情表現を

 

 

養育者

(保護者)が

 

 

受け入れたり

肯定したりして

 

 

ポジティブな

反応を示すと

 

 

子どもたちは

 

 

自分の感情を

ポジティブなもの

 

 

…として

受けとめることが

できるように

なりますが

 

 

子どもが

感情を

表現したとき

 

 

養育者

(保護者)が

 

 

無視したり

軽蔑したり

 

 

緊張感を

示したり

 

 

敵意を

見せたり

したら

 

 

 

 

子どもは

途端に

 

 

養育者

(保護者)との

つながり

(愛着)が

 

 

絶たれてしまう

可能性を

敏感に

察知します。

 

 

 

子どもにとって

親とのつながりが

絶たれることは

 

 

自身の

生存の可能性を

危険にさらすに

等しいこと。

 

 

 

 

 

感情を持って

それを

表現することは

 

 

恐ろしい結果を

招きかねない

 

 

感情は

持たない/

感じないように

した方が安全だ!

 

 

…と

感情にフタをする

(抑圧する)ことを

学習するワケです。

 

 

 

 

 

発達心理学の

研究結果からは

 

 

言葉を

理解しない

赤ちゃんの

うちから

 

 

子どもは

養育者

(保護者)の

 

 

表情や目線、

声のトーンやリズム

なんかから

 

 

ちゃんと

相手の感情を

察知することが

できる力を

持っていて

 

 

感情に

フタをする

という学習は

 

 

かなり

早期から

始まることが

わかっています。

 

 

 

そして

これが

日常生活の中で

 

 

何度も何度も

繰り返される

ことによって

 

 

子どもの脳内に

しっかりと

刻み込まれて

 

 

知らず知らずのうちに

プログラムされて

いくんですよね。

 

 

 

私たちの

問題や悩み

生きづらさの多くは

 

 

この幼少期から

存在している

古いプログラムを

 

 

大人になっても

未だに

使い続けている

ことによって

 

 

引き起こされて

いるのですが

 

 

ある意味

感情に

フタをすることで

 

 

ここまで

生き延びて

きたので

 

 

感情に

フタをせずに

向き合うことは

 

 

よくないことが

起きるのでは?

という

 

 

脅威

 

 

でしかないため

 

 

「嫌だ!」

「何とかしたい!」

と思いながらも

 

 

そう簡単に

手放せなかったり

するのです。

 

 

 

「じゃぁ、

 一生このまま

 なのか?」

 

 

と思うかも

しれませんが

 

 

感情についての

ポジティブな体験を

繰り返すことによって

 

 

脳の

再プログラム化を

していくことは

可能です‼️

 

 

 

 

 

私が

感情に

フォーカスを当てた

アプローチで

 

 

セッションを

進めていく理由は

ここにあります。

 

 

 

恐いかも

しれないけれども

 

 

心を開いて

感情にシッカリと

触れることが

できるように

なったとき

 

 

間違いなく

あなたの人生は

 

 

穏やかで

豊かなものに

なっていく

でしょう。

 

 

ひとりで頑張らずに
私にお手伝いさせてください‼️

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket

お問い合わせ

住所 〒060-0042
札幌市中央区大通西1丁目14-2
桂和大通ビル50 9F
マップを見る
営業時間 【火~金】13:00~20:15
【土】10:00~17:00
定休日 日・祝日・月

           

女性公認心理師
臨床心理士

                               
名前向  裕加
住まい北海道

月別